リフォームできる?水回りの悩みいろいろ

改装のイメージを決める

家を新築するというのは一つの大きな夢で目標だと思われる方も多くおられるかもしれません。
しかし、中には子供のころから住み慣れた自分の家や、おじいちゃんの思い出がたくさん詰まっている家をリフォームして住みたいという強い思いの方もいらっしゃいます。
少し前にはそのようなリフォーム番組が放送され人気番組になっていました。
古くて耐震性も弱くとても危険で住めなかった家が、設計士さんの腕によって新しく、安全で機能的な家に大改造されるというとても感動的な番組です。
しかし、多くの場合それ程劇的に変わらなくてもリビングを少し改造する、トイレ、バスルームなどの水回りを新しくするなど、大掛かりでないリフォームを希望される方が多いと思います。
自分でリフォームする場合、設計士さんや建設会社に相談しながら自分で構成を練っていかなければなりません。
設計士の方ももちろん相談に載ってくれ、アドバイスを下さると思いますが、例えばリビングルームを少し広くしたいという希望の場合や、棚をつけたいという希望の場合、どのような感じで広くしたいのか、どんな大きさでどんな形の棚を作ってほしいのかなど、自分のイメージを持っておくことが大切です。
そのイメージのもとで、これを実行に移したら光が入りにくくなる、耐震性が弱くなる、このデザインの方が家のイメージに合っているなどとアドバイスをしてもらうことが出来ます。
そして一緒に考えてもらい、リフォームを開始することが出来ます。
そのようなイメージを考えるのが得意な方と苦手な方がいらっしゃると思います。
苦手な方はなかなかいいアイデアが出てこないかもしれません。
そんな時に役に立つのが、インテリアの本です。
インテリアの本には沢山の家の工夫している様子の写真が載せられていますし、時にはリフォーム特集がある時もあります。
そのような写真を沢山見ているうちに、思いがけないアイデアが浮かんでくることがあるかもしれません。
アイデアが浮かばない場合でも、気に入った写真を設計士さんに見せると、その写真をもとにして構想を考えてくれるかもしれません。
そのようにして自分の希望にそったリフォームを完成させることが出来ます。


powered by 撮影スタジオ.jp
Copyright (C)2015リフォームできる?水回りの悩みいろいろ.All rights reserved.